コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ことわざ検定

2月13日更新終了


○×

後先を考えない無茶な行動を意味する「無鉄砲」という言葉は
鉄砲を持たず狩りに出かける様子を言ったものだった
×

慣用句「俎上に載せる」とは「誰かを犠牲にする」という
意味である
×

「断腸の思い」の故事で子供のことを心配するあまり
腸がちぎれた動物は猿である


どんな人にもぴったりと合う相手が存在することを
「破れ鍋に綴じ蓋」という


「流れに棹さす」とは時流に乗ってさらに勢いを増す
という意味である
○(×:時流に逆らって止めようとする)

「拍車を掛ける」という時の「拍車」とは、もともと
乗馬靴の一部分である


「働かざるもn食うべからず」ということばの出典は
『新約聖書』である


「豚に真珠」とはもともと『論語』から出た言葉である
×

「眉つば」とは、もともと戦場から無事に帰るための
おまじないである
×

物事が整然と行われている様子を「一糸乱れず」という


「野鳥の愛」とは、愛情が薄いことのたとえである
×


四択

「石の上にも三年」ということわざで
石の上にも三年座ってるとどうなる?
<暖まる 賢くなる 魔法使いになる 眠くなる>
暖まる

「急がば回れ」ということわざのもとになった、日本の湖は?
<山中湖 河口湖 中禅寺湖 琵琶湖>
琵琶湖

思いがけない変化をすることをいったことわざで
「山の芋が"何"になる」という?
<ハマグリ ウツボ アサリ ウナギ>(ヒトデ マンボウ)
ウナギ
(ですが)
「雀海中に入って"何"となる」という?
ハマグリ

慣用句「鼻薬をかがせる」とは、どんな意味で
用いる言葉?
<男性をだます 香りを放つ 料理でもてなす わいろを贈る>
わいろを贈る

ことわざ「海老で鯛を釣る」を英語で言うと
「イワシで何を釣る」という?
<サメ クジラ カツオ イルカ>
クジラ

ことわざで本当の悪が罰を受けないことを
「皿なめた○が科を負う」という?
<犬 牛 鼠 猫>

(ですが)
同じ意味で「笊なめた○が科被る」
という?


ことわざ「湯の辞儀は水になる」とは、どんな
意味で使われる言葉?
<時間のたつのは早い 自然には逆らうべきではない
 旅先では楽しむに限る 遠慮も時と場合による>
遠慮も時と場合による

仕事の邪魔をする人のことを意味する、動物の名前を用いた
タイのことわざは「運河に立ちはだかる何」?
<ワニ カメ ゾウ ウシ>
ワニ

次のうち、「とても貧しくどうにか暮らしている」という
意味の慣用句は?
<口を糊する 口がおごる 口が減らない 口の端に上る>
口を糊する

つまらぬことにこだわるという意味のことわざ
「○を数えてかしぐ」?
<粉 豆 麦 米>


「虎の威を借る狐」ということわざを英語でいうと
「ライオンの皮をまとう何」という?
<ウサギ リス ロバ ヒツジ>
ロバ

「馬脚をあらわす」とは本来どんな場面での言葉?
<舞台 厨房 戦場 牧場>
舞台

立派なものは、落ちぶれても価値は変わらない、という
意味のことわざで「腐っても」といえば続く言葉は何?
<鯛 黄金 錦 紬>(八丈)
→鯛
(ですが)
「千切れても」といえば続く言葉は何?




連想

○○朝露の如し/○○行路難し
○○意気に感ず/○○七十古来稀なり
<愛情 出世 憧憬 人生>
人生

○の三里/先の雁より手前の○
○に鞠/勧学院の○は蒙求を囀る
<鴨 雀 鷹 雉>


○才六/○を以て馬を相す
○を吹いて疵を求む/○筋ほども疑わない
<臍 爪 毛 耳>


燈心で竹の○を掘る/花は○に鳥は故巣に
枝を切って○を枯らす/○が深い
<根 種 穂 茎>


草を打って○を驚かす/○は寸にして人を呑む
○に噛まれて朽縄に怖じる/○の生殺し
<蛙 蛤 蠆 蛇>


独鈷鎌○/綺麗○を揃える
思案投げ○/真錦で○を締める
<首 脚 腕 喉>


車胤/孫康
受験情報誌のタイトル/苦学して大成すること
<風樹の嘆 嚢中の錐 累卵の危 蛍雪の功>
蛍雪の功

ことわざ/2種類の鳥が出てくる
「蛙の子は蛙」の反対/凡人から非凡な子が生まれる
<鶏群の一鶴 雉も鳴かずば撃たれまい 烏鷲の争い 鳶が鷹を生む>
鳶が鷹を生む

ことわざ/2種類の鳥が出てくる
出典は『晋書』/凡人の中に優れた者が一人いる
<鶏群の一鶴 鵜の真似をする鳥 烏鷲の争い 雀百まで踊り忘れず>
鶏群の一鶴



並べ替え

家が貧乏だと子どもの親孝行がはっきりするということを
「家貧しくして○○○○○」という?
<子 顕 わ 孝 る>
孝子顕わる

勢いに乗じて行えば成功しやすいということを
風上から風下へは声が届きやすいことから何という?
<に て 呼 順 ぶ い 風>
風に順いて呼ぶ

いくら才能や能力があっても努力をしなければ生かされず
立派な人物になれないということを表す言葉といえば?
<か 光 玉 ば し れ な 磨 ざ>
玉磨かざれば光なし

距離が遠くなると親しさもしだいに薄れることを
「去る者は○○○○○」という?
<し に 日 疎 日>
日日に疎し

権利者の発言は取り消しがきかないということを
汗が体内に戻らないことにたとえた成語で何という?
<綸 の 如 言 汗 し>
綸言汗の如し

ささいなことに高い能力を費やすことを、歴史上の名刀を
用いたことわざで何という?
<宗 で 大 を る 切 根 正>
大根を正宗で切る

ささいなこともその場しのぎになるということを、お茶を飲んで
腹をまぎらわせる意味から何という?
<も 一 腹 時 茶>
茶腹も一時

自分が好まないのに他者にしてはいけないということを
『論語』から「己の欲せざる所は○○○○○○」という?
<勿 施 す れ に 人>
人に施す勿れ

条件が整っていると自然と良い方向に行くという
ことを、くぼんだ部分に水が流れることにたとえて何という?
<る 凹 溜 き 水 に ま 所>
凹き所に水溜まる

女性はお喋りで、数人集まるとすぐに賑やかになるという意味の
ことわざは?
<人 い れ し 三 女 姦 寄 ば>
女三人寄れば姦しい

「大山鳴動して鼠一匹」ということわざのもととなった言葉を
残した、古代ローマの詩人は?
<ス ウ ィ テ ホ ラ>
ホラティウス

他の者に先んじられることを人馬が過ぎた後のほこりに
たとえて何という?
<す 後 を 塵 る 拝>
後塵を拝する

中国の書物『礼記』から来ている礼儀にこだわりすぎることを
いましめたことわざは?
<離 即 て ち 礼 勝 る ば>
礼勝てば即ち離る

まったく平凡なことをにおいに関する言葉を使って
「○○○○○○屁もひらず」という?
<香 も か 焚 沈 ず>
沈香も焚かず

物事がたくさんありすぎて一つ一つ数えているひまが無い
様子を表す言葉は?
<に 無 枚 い 暇 が 挙>
枚挙に暇がない

物事の勢いをさらに増しよいものよりよくするという
ことをたとえる言葉は?
<に 走 馬 鞭 り も>
走り馬にも鞭

良い機会があれば足踏みするべきではないという
ことを、船の出航の場面から来ていることわざで何という?
<待 ず た 出 に 頭 船 船>
出船に船頭待たず

利益のあるところに人が集まってくることを
全ての川が海に流れ込んでくることにたとえて何という?
<百 朝 す 海 に 川>
百川海に朝す



パネル

活躍したり、名を挙げたりする機会に恵まれないこと
を嘆くことを、三国志の『蜀書』の中の故事から何という?
<嘆 髀 暇 樹 風
 怠 親 孝 の 肉>
髀肉の嘆

中国の書物『荘子』が出典である言葉で、非常に危険が差し迫って
いる様子を、ある魚の名前を使って何という?
<徹 轍 鯉 急 難
 危 撤 の 鯰 鮒>
轍鮒の急

中途半端な技や知識ではかえって大きな失敗をすると
いうことを「○○○は大怪我のもと」という?
<訓 兵 勢 生
 軍 戦 法 陣>
生兵法

「伝統が良い」「新しいものが良い」と正反対の解釈がある
英語のことわざは「A rolling stone gathers no ○○○○.」?
<o g l m u
 i z d t s>
moss

時には相手に勝利を譲るのも最終的な勝利へとつながることを
有名なことわざで何という?
<勝 た ら 不 る
 ち 負 が け 戦>
負けるが勝ち

似つかわしくないことをたとえになることわざで
尾張いろはがるたの「え」に収められているのは?
<の 魔 閻 音 事
 食 観 へ 尻 色>
閻魔の色事

我が子を思う親の気持ちを吉田松陰が遺した歌から
「○○○○に勝る親心」という?
<両 親 情 う わ
 友 心 ん 思 子>
親思う心



スロット

「頭隠して尻隠さず」ということわざの語源となった鳥は?
キジ

がまんできないような忍耐こそが本当の忍耐であるという
ことを、「成らぬ堪忍○○○堪忍」という?
するが

酒に対する強さは体の大きさには関係ない
ということを、「酒に○○あり」という?
別腸

互いに心の底から打ち解けて理解し合うほどの関係を
2つの臓器を使って「○○相照らす」という?
肝胆

忍耐こそが成功への一歩であることを、道理の入口を
意味する言葉を使って「忍の一字は○○○○」という?
衆妙の門

面目を失うことをある調味料を用いて
「○○をつける」という?
味噌

歴史書『漢書』から来ている人生のはかなさをいった
言葉は「人生○○の如し」?
朝露



タイピング

「青は藍より出でて藍より青し」と同じ意味の
言葉は「○○の誉れ」?○の漢字を~
しゅつらん(出藍)

あることのついでに別なことで利益を得ることを
「行きがけの○○」という?○の漢字を~
だちん(駄賃)

家に出入りする者が多いことをたとえたことわざは
「門前○を成す」?○の漢字をひらがなで~
いち(市)

生きていてこそ良い時もあるということを、「死んで○○が
咲くものか」という?○の漢字をひらがなで~
はなみ(花実)

意志が強くても誘惑に負けることがるということを、「金の
○も引けば切れる」という?○の漢字を~
くさり(鎖)

以前の失敗を踏まえて必要以上に警戒することをいった言葉は
「羹に懲りて○を吹く」?○の漢字を~
なます(膾)

急いで逃げ出す様子を慣用句で「尻に○を掛ける」
という?
ほ(帆)

「内弁慶」と同じ意味の言葉で「内広がりの外○○○○」
という?
すぼまり

生まれ持った性質はかんたんに変わらないということを、「○は
剥げても生地は剥げぬ」という?○の漢字を~
うるし(漆)

お酒を飲んで真っ赤になっている人のことをたとえて
「○○の火事見舞い」という?○の漢字を~
きんとき(金時)

幼い頃から身についている生活習慣のことを、「商人の子は
○○○○の音で目を覚ます」という?
そろばん
(ですが)
同じ意味で「武士の子は○○○の音で目を覚ます」
という?
くつわ

恐ろしさにふるえる様子を「歯の○が合わない」という?
ね(根)

おちぶれてしまうことを鷹の体の一部が傷付いた様子から
「○○打ち枯らす」という?○の漢字を~
おは(尾羽)

喧嘩や争いの仲裁をしてくれる人には従うべきという意味の
ことわざは「挨拶は時の○○」?○の漢字を~
うじがみ(氏神)

好機を逃してはならないことを『史記』にある呂不韋の逸話から
「○○居くべし」という?
きか

「弘法も筆の誤り」と同じ意味のことわざを「○○○○も居眠り
する」という?
ホメロス
(ですが)
同じ意味のことわざを「○○の手から水が漏れる」
という?○の漢字を~
じょうず(上手)

ことわざで「一寸の虫」にもあるといわれるのは
「○分の魂」?
ご(五)
(ですが)
「盗人」にもあるといわれるのは「○分の理」?
○の漢字を~
さん(三)

ことわざの「論より証拠」を英語では「○○○は食べてみる
まで味はわからない」という?
プリン

困難にあって初めてその人間の価値がわかるということわざは
「疾風に○○を知る」?○の漢字を~
けいそう(勁草)

『詩経』に登場する善悪を判断する難しさをいった
言葉「誰か○の雌雄を知らん」?○の漢字を~
からす(烏)

実現不可能なことをいったことわざ「藁しべを以て
○○を上げる」?○の漢字を~
たいざん(泰山)

信仰心があればどんな物でも尊く見えることを言った言葉は
「○○○の頭も信心から」?
いわし

「少しの親切に相手が付け込む」という意味のイギリスのことわざ
は「1インチ与えれば1○○○取られる」?
ヤード

『荘子』大宗師編に由来する互いの心に逆らわず意気投合した
親友を指す言葉は「○○の友」?○の漢字を~
ばくぎゃく(莫逆)

他者が注目していない事柄こそ注目すべきという相場の格言は
「人の行く裏に道あり○の山」?○の漢字を~
はな(花)

「地の利を得て得意の力を発揮する」ことを、ある動物を用いた
慣用句で「○の登り坂」という?○の漢字を~
うさぎ(兎)

中国の書物『礼記』から親に対する姿勢をいった言葉は
「声なきに聴き○○○に視る」?ひらがな5文字で~
かたちなき(形なき)

同情よりも実際の金品などが役立つという意味のことわざは
「情けの酒より○○の酒」?○の漢字を~
さかや(酒屋)

「鳥肌が立つ」と同じ意味があるある穀物を使った表現は
「肌に○を生ずる」?○の漢字をひらがなで~
あわ(粟)

何事にもそれなりの理由があるという意味のことわざは
「盗人の○○」?○の漢字を~
ひるね(昼寝)
(ですが)
災いの元になるものを知らずに助長してしまうことを言った
ことわざは「盗人に○○○」?ひらがな5文字で~
くらのばん(倉の番)

何事も命あってできることだから死んでは意味が無いという意味の
ことわざは「命あっての○○」?○の漢字を~
ものだね(物種)

発言は簡単でも実行するのは難しいことを、「言うは易く
行うは○○」という?ひらがな3文字で~
かたし(難し)

非常に多くの中の一つという意味がある言葉で
「九牛の」といえば「一○」?○の漢字を~
もう(毛)
(ですが)
「滄海」といえば「一○」?○の漢字を~
ぞく(粟)

人の世が無常であることを漢詩『代悲白頭翁』から「○○
年年人同じからず」という?○の漢字を~
さいさい(歳歳)

名人でも失敗することがあるという意味のことわざを
「河童の川流れ」
(といいますが)
うきうきして落ち着きが無い様子を「○○の川流れ」という?
○の漢字を~
ひょうたん(瓢箪)

(といいますが)
無駄なことを例えて「河童に○○」という?
○の漢字を~
すいれん(水練)

物事の性質に安易に手を加えてはいけないということを
「鶴の○切るべからず」という?○の漢字を~
はぎ(脛)

安い粗悪なものでかえって損をしてしまうことを
「安物買いの○失い」という?○の漢字を~
ぜに(銭)

理屈のわからない相手と争っても無駄であることを意味する言葉は
「泣く子と○○には勝てぬ」?○の漢字を~
じとう(地頭)

わずかなものでも一時しのぎになることを例えた慣用句は
「○○も一時」?○の漢字を~
ちゃばら(茶腹)



キューブ

大笑いをすることを、アゴをさす言葉からこう言います
<お い く を と が と>
おとがいをとく(頤を解く)

困難を成し遂げるための心得「○○○○何事か成らざらん」?
<い う い し ん と っ せ>
せいしんいっとう(精神一到)

事業は言い出した者から始めるべきという意味の言葉です
<は じ か め よ り い よ>
かいよりはじめよ(隗より始めよ)

師匠から奥義を受け継ぐという意味の言葉です
<つ い を は ぐ つ>
いはつをつぐ(衣鉢を継ぐ)

「歯」という字を使った相手にしないという意味の表現
<も し に が か な い け>
しがにもかけない(歯牙にもかけない)

昔からある言葉遊びで、「敵もさるもの…」に続くのは?
<も く か ひ の っ>
ひっかくもの



エフェクト

災難のとんだ巻き添えをくうという意味の言葉です
池魚の殃→ちぎょのわざわい

人生が短くはかないということのたとえです
蜉蝣の一期→ふゆうのいちご



線結び

次の外国のことわざを使われている国の~
<スペイン イギリス インド>
水を飲む者、詩人にあらず→スペイン
駱駝の口に姫茴香→インド
神様が治し、医者が金取る→イギリス

次のことわざと○に入るべき植物の~
<桃 松 梅>
日陰の○の木→
男は○女は藤→
桜切る馬鹿○切らぬ馬鹿→

次のことわざと反対の意味のことわざの~
<公家にも襤褸(つづれ) 泥棒を捕らえて縄をなう 刎頸の交わり>
犬猿の仲→刎頸の交わり
馬子にも衣装→公家にも襤褸(つづれ)
暮れぬ先の提灯→泥棒を捕らえて縄をなう



順番当て

次の文字列を順に選んで一度間違いを犯すとどんな
過ちも平気になるという意味のことわざに~
<厭え 露をも 濡れぬ 先こそ>
濡れぬ→先こそ→露をも→厭え

次の文字列を順に選んで賢い者ほど知識を披露しない
ので愚かに見えるという意味の言葉に~
<大 愚 なるが如し 賢は>
大→賢は→愚→なるが如し

次の文字列を順に選んで「亀の甲より年の功」と
同じ意味の英語のことわざに~
<with comes sense age>
sense→comes→with→age

次の文字列を順に選んで女性の色気に男性が
惑わされやすいという意味のことわざに~
<鹿寄る には秋の 作れる笛 女の足駄にて>
女の足駄にて→作れる笛→には秋の→鹿寄る

次の文字列を順に選んで「蓼食う虫も好き好き」と
同じ意味の英語のことわざに~
<taste accounting for there is no>
there is→no→acoounting for→taste

テーマ : クイズマジックアカデミー
ジャンル : ゲーム

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ぼーちゃん

Author:ぼーちゃん
絶賛階級変動中

画像はQMA7の時なので
画像詐欺です
でも正解率グラフは
画像とほぼ一緒

ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。